「セレック」で白い歯を

  • 小
  • 大

費用を抑えて白く美しい技工物を~セレック~

費用を抑えて白く美しい技工物を~セレック~

虫歯治療では歯を削った後に、詰め物や被せ物を装着して機能を回復させます。従来これらには「銀歯」が多く使われてきましたが、銀歯は目立つうえに金属アレルギーのリスクもあることから、近年ではセラミック製のものを選ぶ方が増えています。

セラミック製の詰め物・被せ物の製作には、費用と日数が必要になるというのがデメリットですが、羽村市の歯医者「福留歯科医院」では、「セレック」というシステムを導入し、高品質なセラミック製の詰め物・被せ物を短期間で製作できる体制を整えました。「セレック」を利用することで、費用を抑えたセラミック治療を受けませんか?

セレックとは

セレックとは

セレックとは、セラミック製の詰め物・被せ物などを、コンピュータ制御下で製作するシステムのことです。はじめに3D光学カメラによって患部をスキャニング(撮影)し、それを元にコンピュータ上で綿密な設計を行い、ミリングマシンという装置によって、セラミックの塊から技工物を削り出して製作します。

従来、歯科技工士の手で行われていた作業の一部をコンピュータ上で正確に行うことで、製作期間を短縮しながら、短期間で技工物をつくり上げることが可能になるのです。

セレックのメリット

メリット1

最短3日で装着が可能

歯科技工士が製作すると数週間かかることもあった技工物が、セレックなら最短3日で製作~装着、また調整までが可能になります。

メリット2

変色・変質しにくい

セレックで使用するのは、厳選されたセラミックブロックです。白く美しい歯を長持ちさせることができ、また歯垢も付着しにくいため、虫歯になりにくい点もメリットといえます。

メリット3

コストを抑えられる

セレックはコンピュータを用いるシステム。従来歯科技工士にかかっていた人件費が不要になり、比較的コストを抑えることができます。

メリット4

高精度な技工物がつくれる

コンピュータが3Dデータを元に精密な設計を実現。切削も機械で緻密に行われるため、適合性の高い技工物をつくることができます。歯とのズレがなくなることで、虫歯の再発も起こりにくくなります。

メリット5

型採りが不要

患部の状態は、3D光学カメラによるスキャンで把握されるため、従来の技工物製作で必要だった型採りが不要になり、治療時間を短縮することができます。
※症例によって、型採りが必要なケースもあります。

~院長がセレックをおすすめする理由~

当院の院長は、患者様にとってメリットが多いセレックをおすすめしています。その理由は以下です。

  • 従来のセラミック製技工物より、費用を抑えられる
  • 従来のものより短期間でご提供できる
  • セラミックブロックには「セルトラ」や「ジルコニア」などのさまざまな材質があり、種類も豊富なため、患者様の歯の色に合わせたものをご提供できる
  • つまりセレックなら、美しい技工物を“早く”“お得に”ご提供できます。セレックについて興味のある方は、お気軽に当院までご相談ください。

つまりセレックなら、美しい技工物を“早く”“お得に”ご提供できます。セレックについて興味のある方は、お気軽に当院までご相談ください。

ページTOPへ

セレックで詰め物・被せ物を製作する流れ

スキャニング

設計(CAD)

STEP1:スキャニング

はじめに歯を削った部分を、3D光学カメラによって数秒間撮影(スキャニング)します。撮影した3Dデータは、コンピュータ上にて再現します。

STEP2:設計(CAD)

コンピュータ上で、噛み合わせなど、さまざまな角度から細かく調整を行いながら、技工物の設計を行います。最後に患者様の歯の色に合ったセラミックブロックを選択します。

矢印

製作(CAM)

装着

STEP3:製作(CAM)

コンピュータ上の設計に忠実に基づき、ミリングマシンによってセラミックブロックを削り、精密な技工物を製作します。

STEP4:装着

技工物を患部に装着します。スキャニングから装着まで、最短3日で完了できるケースもります。

セレックで白い歯を手に入れたいという方は、 お気軽にお問い合わせください 042-555-7064

ページTOPへ